ottostyle オートペットフィーダー 口コミ

Ottostyleのオートペットフィーダー(蓋が回転する)の詳細な機能など

Ottostyleのオートペットフィーダー(蓋が回転)の機能

 

Ottostyleの蓋が回転するタイプのペット用自動給餌器は、猫や犬に自動的に時間が来たら餌を与える機械です。

 

メインの機能

  • 決められた時刻に自動で餌をやる
  • グラム数をきちんと測ってあげられる
  • 最大6回分まで餌をストックできる
  • 7秒の録音機能がある

 

Ottostyleのオートペットフィーダーは自分で正確に餌を測って餌を入れておき、時間が来ると蓋が回転して餌が食べられるという自動給餌器です。

 

自分で餌の量測れるので正確な量を入れることができます。
またウエットタイプにも対応しています。

 

ひとつの餌皿は240cc入るのでたっぷりの餌を入れることができます。

 

その他の機能

  • 電池で駆動する
  • 蓋やトレーが取り外してきれいに洗える

 

電池で駆動する

ottostyleの自動給餌器は単2電池4本で駆動します。
電池が少なくなった場合はお知らせランプが連動します。

 

取り外してきれいに洗える

蓋は外して簡単にお手入れすることができます。

 

ついていない機能

設定の保存機能

設定を保存する機能がないため電池を外すと設定が消えてしまいます。

 

Ottostyleの自動給餌器の使い方

Ottostyleのオートペットフィーダー(蓋が回転)の機能

 

日本語の説明書が付いているので簡単に理解し、設定することができます。

 

まず時間を設定し餌を出す時間を入力します。
餌を入れる次に餌を測って入れます。
1回ごとに蓋が動いてエサが出るようになっていますので、その時間に必要な餌の量を測って入れておきます。

 

音声を聞かせたい場合は7秒の音声を録音して聞かせることができます。

 

 

JQ-305の口コミ

 

6回分の餌が入りますが、頑張ると開いてしまって食べられてしまいます。ですので実質5回分といったところでしょうか。さらにいたずらされるとひっくり返されたりして全く餌が出なくなってしまうこともあります。
それで今はガムテープで固定しています。電池を抜くとタイマーがリセットされてしまうところが改善して欲しいと思いました。


 

 

猫の留守番用に購入しました。
説明書通りに設定して快適に使えています。猫も驚いたりすることなく普通に食べてくれます。
蓋が回る音もそれほど気にならず、セットした通りに扉が開いて猫に倒されることもなくお手入れも簡単にできて使いやすいと思いました。


 

 

昼間家に誰もいないのでこれで餌をやっています。
猫ちゃんは最初、警戒して辺りを見回していますが、しばらくしたらちゃんと食べてくれました。
しっかりした作りなので壊れないと思います。


 

ottostyleの自動給餌器のメリット
  • ウェットタイプの餌が使える
  • 自動で餌を出してくれる
  • フード・トレーをきれいに洗える

 

デメリット
  • 蓋をずらして食べてしまう猫がいる
  • 電池を外すと設定が全て消えてしまう
  • 最大6回分までしか入れられない

 

Ottostyleのオートペットフィーダーはこんな方におすすめ

Ottostyleのオートペットフィーダー(蓋が回転)の機能

 

  • 自動で正確に測った餌を与えて欲しい
  • 停電が心配なので電池で動かしたい
  • 清潔に洗えるものが良い
  • 低価格で導入したい

 

Ottostyleのオートペットフィーダーは最大6回までのフードを与えることができる自動給餌器で、ウエットタイプも使えるという所が特徴です。正確にグラムを測れるので何で体重コントロールが必要な猫にも適切です。

 

約5000円と自動給餌器としては低価格で購入できるため、手軽に導入することができます。