自動給餌器 Jnwayb カリカリマシーン 比較

犬・猫の自動給餌器Jnwaybとカリカリマシーンの機能を比較してみた

留守にしがちになった時、夜なかなか早く帰ってこれなくなった、朝ニャーニャー鳴かれて睡眠不足になってしまう、そんな場合自動給餌器を検討することになります。

 

自動給餌器は色々な種類がありますが、Jnwaybやカリカリマシーンが人気です。

 

このページではJnwaybとカリカリマシーンの機能を比較し、どの様な点が違うのか一緒なのかどう選んだら良いのかについてみていきたいと思います。

 

Jnwaybの機能

 

  • 決められた時間に自動で餌をやる
  • 4g刻みで最大396gまで餌がやれる
  • 1日6回まで自動給餌できる
  • 蓋が開けられにくくなっている
  • 電池で駆動する

 

Jnwaybだけにある機能
  • 4g単位で細かく餌をやれる
  • 396gという大容量に対応している
  • 6階まで自動給餌できる

 

Jnwaybにない機能
  • 下からのいたずら対策
  • 電源で利用する
  • 餌皿やフードタンクが外して洗えない

 

 

カリカリマシーンの機能

 

  • 決められた時間に自動で餌をやる
  • 10g単位で100gまで与えられる
  • 1日4回まで自動給餌する
  • いたずら対策されている
  • 綺麗に洗える
  • 電池でも電源でも動く

 

カリカリマシーンだけにある機能
  • 5g単位で餌をやる
  • いたずら対策がされている
  • フードタンクや餌皿を綺麗に洗える
  • 電池・電源どちらでも使える

 

※カリカリマシーンSPの場合はこれに加えてスマホで外出先から確認できるカメラ機能が付いています。

 

カリカリマシーンにない機能
  • 4g単位の細かい自動給餌設定
  • 1日6回までの回数の多さ

 

※カリカリマシーンSPの場合は、スマホがないと操作できないというデメリットがあります。

 

このように猫の自動給餌器は備わっている機能が違っていますので、その子に合わせたものを選んでいく必要があります。

 

選び方のポイント

犬・猫の自動給餌器Jnwaybとカリカリマシーンの機能を比較してみた

 

  1. 何gずつ餌をやれるか
  2. いたずらするタイプの子か
  3. 電池で使うか・電源で使うか
  4. カメラで外出先から確認したいか

 

まとめると

  1. 4g単位で細かく餌をやりたい場合Jnwaybが最適
  2. 396gなどたくさん餌が必要な場合はJnwaybが最適
  3. カメラでスマホからペットを確認したい場合はカリカリマシーンSP
  4. スマホ機能は不要でいたずら対策だけでいい場合はカリカリマシーンシリーズ
  5. フードタンクやエサ皿を洗いたい場合はカリカリマシーンシリーズ