Jnwayb の愛犬・愛猫 自動給餌器オートフィーダ

Jnwayb の愛犬・愛猫 自動給餌器オートフィーダの機能など

Jnwayb の愛犬・愛猫 自動給餌器オートフィーダの機能

 

Jnwaybのオートフィーダーは猫や犬などに自動的に餌をあげてくれる自動給餌器室内で使う猫や小型犬などに適しています。

 

メイン機能

  • 決められた時間に自動で餌をやる
  • 4g刻みで最大396gまで設定できる
  • 1日6回まで自動給餌できる
  • 録音機能が付いている

 

Jnwaybのオートフィーダーは4g刻みで細かく餌を与えることができ最大で396gという非常に多い量を与えることができます。

 

フードタンクは最大で1500グラム程度入れられるようになっています。
それぞれの時間ごとに異なるグラムを設定することができますので、夜は50g朝は40gといった設定も可能です。
音声機能もついていて12秒の音声を録音することができます。

 

その他の機能

  • 開けられにくい蓋
  • 倒れにくい形
  • 1年間の保証がある
  • 電池で駆動する

 

開けられにくい蓋

蓋は90度回転させて開けるタイプなので勝手に蓋を開けて中身を取られる心配がありません。

 

倒れにくい形

面積が大きいのでフードを入れることで重心が下に広がり安定して倒れにくくなっています。

 

電池式

電池で動くので電源が入らず停電の心配がありません。
また電源コードをかじってしまう猫がいますが、そのような心配がありません。

 

年間保証がある

1年間の保証があるので正常に使っていて壊れてしまった場合は修理をしてもらうことができます。

 

ついていない機能

餌皿が外せない
餌皿が外せるタイプではないので洗う時にちょっと工夫が必要かもしれません。

 

Jnwaybのオートフィーダーの使い方

Jnwayb の愛犬・愛猫 自動給餌器オートフィーダの機能

 

電池を入れるまず本体に電池を入れます。
そして次に液晶画面を見ながら自動給餌設定をします。

 

スマホなどは必要なくすべて本体にあるボタンで操作できます。

 

 

JQ-305の口コミ

 

朝早く猫がおねだりして睡眠不足が続いていること、留守の回数が増えてきてそろそろ自動給餌器を購入しないといけないと探していたら、この商品にたどり着きました。
購入の決め手は細かく4g対に設定できるところと飼い主の声が録音できること。音は多少しますが、猫がびっくりするほどひどくはないです。
電池式でコード類がないところもいいと思いました。


 

 

家の犬はエサの時間が空くと胃液を吐いてしまうので1日3回食事をさせていますが、外出時に餌やりができないのでオートフィーダーを購入しました。
ダイヤル式だと蓋をこじ開けてしまうので、今までに失敗していて今回のものは蓋が容易に開けられません。
少量の給餌ができるという所手を突っ込んでも掻き出されないという所が良いと思いました。
ただし分解して洗えないのが残念でした。


 

 

最初の1か月ぐらいはいたずらをしなかったのですが、1か月半経った頃からコツを使ったのか片手でバンバンと掻き出しはじめました。


 

Jnwaybのオートフィーダーのメリット
  • 4g単位小刻みでグラム設定できる
  • いたずらされにくい
  • 1500グラムの餌が入る
  • 本体で全て操作できる
  • 1年間保証付き

 

デメリット
  • 電池でしか動かない
  • 餌皿が外せない

 

Jnwaybの猫・犬用オートフィーダーはこんな方におすすめ

Jnwayb の愛犬・愛猫 自動給餌器オートフィーダの機能

 

  • 細かい単位でフードを与えたい
  • 保証がついているオートフィーダーがいい
  • 1日6食まで対応してほしい

 

Jnwaybのオートフィーダーは4gという細かい単位でフードを設定して与えることができます。
小型犬やダイエット中の犬猫などは細かい餌を設定しないといけませんが、細かい設定ができます。
フードが1.5キロ入るので長期間留守をする場合細くフードを測りたいという方に最適です。