ルスモ ペットフードオートフィーダー 口コミ

ルスモ ペットフードオートフィーダーの口コミや機能

ルスモ ペットフードオートフィーダーの口コミや機能

 

ルスモは数年前から発売されている猫や犬用の自動ペットフードフィーダーです。

 

決められたグラムを決められた時間に自動であげてくれます。

 

メインの機能

  • 決められた時間に自動で餌をやる
  • 最低5グラムから最大80グラムまで5g刻み
  • 1日3回まで自動給餌する
  • 設定はすべて本体で行う

 

ルスモは室内で飼っている犬や猫に、自動的に餌をあげてくれるオートフィーダーで最低5グラムから、最高80グラムはで5g刻みで設定して、1日3回まで餌を与えることができます。

 

時間ごとに餌の量を調節することができて朝20g、夜30gといった設定ができます。

 

その他の機能

  • きれいに洗える
  • 電池で駆動する
  • 可愛い耳型のハンドル付き

 

きれいに洗える

フードタンクはカセット式で外して洗えます。

 

またフードトレーもワンタッチで取り外しをすることができ隅々まできれいに洗うことができます。

 

電池で駆動する

電源コードではなく電池で駆動します。

 

使用する電池は単1電池が4本でマンガン電池、充電式電池は使うことはできません。

 

可愛い耳型ハンドル付き

ルスモは可愛い耳型のハンドルがついていて移動する時に抱きかかえないでハンドルを持てば良いのでとても簡単です。

 

ついていない機能

カメラ機能

ルスモにはカメラ機能は付いていません。

 

ですので自動給餌に絞った機械として使うことができます。

 

ルスモの使い方

ルスモ ペットフードオートフィーダーの口コミや機能

 

電池を入れて電源オンにする

まず単1電池4本用意し本体にセットします。

 

そして電源をONにします。

 

自動給餌機能をセットする

次に自動給餌情報をセットします。

 

操作ボタンは3つだけで誰でも簡単に設定することができます。
画面が見やすくて設定内容が一目でわかります。

 

まず分単位で時間を設定し何グラムあげるかを設定します。

 

一度設定すると自動で繰り返します。

 

 

JQ-305の口コミ

 

購入して2ヶ月、旅行の時に使うために今試しで使っています。今まではそれぞれ2つのおさらであげていましたが今は2匹で仲良く食べてくれています。朝や夕方の催促から解放されてこれは高いお金を出したかちがあったと感じました。


 

 

1泊の旅行に行くので購入したのですが、その後も便利でずっと使っています。
5g単位設定できるからとても便利。ただ一つ難点があって猫が餌が出てくるとこに手を突っ込んでカリカリを出してしまっています。そんなにたくさんは出ないのですが、何粒か食べている模様


 

 

休日早朝からいつもと同じ早い時間におねだりされて睡眠不足になってしまい購入しました。
うちは減量しないといけないので起きて餌を与えるか自動給餌器に頼るしかありませんでした。
留守の時に自動で餌を出す設定もできるので、いっぺんに食べ過ぎ吐くということがなくなりました。


 

ルスモのメリット
  • 自動で餌をやってくれる
  • 5g単位で最大80グラムまで設定できる
  • フードタンクとエサ皿が洗えてきれいに保てる

 

デメリット
  • 電源で動かすことができない
  • いたずらされてしまうことがある
  • カメラがついていない

 

ルスモはこんな方におすすめ

ルスモ ペットフードオートフィーダーの口コミや機能

 

  • 自動で5グラム単位で測った餌を出して欲しい
  • 停電が不安なので電池で動かしたい
  • 夏場など衛生・カビなどが心配
  • 重みで出てくるタイプだと際限なく食べてしまう

 

ルスモは5g単位で餌を計って出してくれる猫や小型犬用の自動給餌器、5g単位という小さな単位で測れるのでダイエット中のペットや少量で済む子猫、子犬の場合も使うことができます。

 

全部本体で設定できますのでスマホが苦手な方でも簡単に使うことができます。