自動給餌器 自動餌やり機 猫 比較

人気のあるおすすめのペットオートフィーダーは?口コミも紹介

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

  • 仕事で帰りが遅くなってしまう
  • 猫を留守にさせてしまうことが多い
  • 朝ニャーニャー鳴かれて睡眠不足

 

仕事をしていてどうしても帰りが遅くなってしまうことがあるという方や、1日家を空けて猫だけを留守番させてしまうことが多いという方にとっては、餌やりが問題になります。

 

朝あげたきりで夜9時頃に帰宅するとなると餌をやる時間がすごく遅くなってしまいます。
遅くなると焦りが募りイライラしてきます。場合によっては夜も帰れないような時があって、留守にさせてしまう時もあります。

 

それ以外に朝ニャーニャー鳴かれて睡眠不足になってしまうという方もいらっしゃるでしょうし、短期間の旅行や出張で留守にしてしまい、その間の餌やりに困るという方もいると思います。

 

私の場合は、猫を1匹家で飼っているのですが、フルタイムで働いていてどうしても夜は遅くなってしまいます。

 

最近夜すごく遅くなってしまうことが続いて、そろそろ自動給餌器を買わないといけないなと思いました。

 

そこで猫用の自動給餌器を色々と調べていると、色々な種類があるのが分かりました。

 

どの自動給餌器が最適なのか、自動給餌器の機能や値段使い勝手などを調べて、自動給餌器を選び、実際に購入して猫に食べさせるまでを紹介しています。

 

猫の自動給餌器の種類

猫の自動給餌器には種類があります。

 

それぞれメリットとデメリットがあります。

 

蓋が回転するタイプ

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

蓋が回転するタイプは予め容器に餌を計って入れておき、時間が来ると蓋が回転してエサが出てきて食べられるようになるという仕組みです。

 

6食から8食程度入れられることが多く、カリカリだけでなくウェットタイプも使えます。

 

メリット

メリットは量が正確に測れること、飼い主が1g単位で測って入れられるので肥満で食事制限が必要な場合など、正確なグラムが測れる蓋が回転するタイプが最適です。またカリカリだけでなく生のタイプも入れられます。

 

デメリット

デメリットは最高でも8食ぐらいしか入れられないこと。タンクで下から出てくるタイプは何日分も入れられますが、回転するタイプは最大でも2日分までが限度です。

 

また賢い猫だと蓋をずらして中身を全部食べてしまうというデメリットもあります。

 

下から出てくるタイプ

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

もう一つが下から出てくるタイプです。

 

タンクにドライフードを溜めておき時間が来ると決められたグラムを測って出してくれるものです。

 

メリット

メリットはたくさん入れられること、1kg以上入れられるものが多いですので長いお留守番にも対応できます。

 

また機能が色々あって声を録音が出来たり、カメラが付いているものなど、蓋が回転するタイプより多機能なものが多いです。

デメリット

デメリットは正確なグラムが計測できないこと5g、10g単位のとthatしか計算できません。

 

またウェットタイプは使えないというデメリットもあります。

 

種類ごとに実際の自動餌やり機を確認

回転するタイプの商品

ottostyleオートペットフィーダー自動給餌器

 

有名なのはotto styleのオートペットフィーダー自動給餌器
タイマー機能があり6回まで餌をやることができます。

 

タンク容量が1400ccとかなり大きく一回あたり240ccまで与えることができます。
電池式で駆動し音声を7秒まで録音できます。およそ5,500円程度。

 

メリット

たっぷりの餌が入れられるので大型犬などに最適です。
また餌を正確に測って入れられます。

 

デメリット

6回までしか入れられないので最高でも2日程度しか持たないでしょう。

 

機能の詳細解説ページ

 

WOpet犬・猫用5食のペットオートフィーダー

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

5食まで入れられる自動給餌器、150グラムずつの餌を入れることができタイマーで自動的に餌をやることができます。

 

音声を録音できる機能もあります。
こちらは電池とアダプターどちらでも使えます。

 

メリット

電池と電源どちらでも使えること電池代が気にならなくて済みます。

 

デメリット

5食までしか入らないこと、最大2日分と考えて良さそうです。

 

機能の詳細解説ページ

 

下から出てくるタイプの商品

 

アイリスオーヤマのJQ-305

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

アイリスオーヤマのJQ-305自動給餌器は餌の重みで自動的に餌が出てくる自動給餌器

 

1.5キロのタンクがあってたっぷりのフードを入れることができます。

 

水も自動で補給される自動給水器もついています。
水は外径が28ミリの500ccペットボトルをさして使えます。値段は1400円

 

メリット

とにかく安いこと破格の安さで購入することができます。そして自動給水器もついています。

 

デメリット

際限なく餌が出てきてしまうこと、食べたらまた補給されるので際限なく餌が出てきてしまいたくさん食べてしまう猫には肥満の原因なってしまいます。

 

機能の詳細解説ページ

 

ルスモ

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

ルスモは5グラム単位で最大80グラムの餌をあげることができる自動給餌器で測った餌が出てきます。

 

フードタンクは1kg入り1日3回の設定が可能です。
動作は電源ではなく乾電池です。

 

価格は1万円程度です。

 

メリット

5g単位で餌がやれることダイエット中の猫では5グラム単位で測れる方がいいです。
また手動で餌がやれる1kgのフードが入れられるというところもメリットですね。

 

デメリット

いたずらされてしまう、下から手を入れると簡単に餌が出せるので賢い猫だと簡単に餌を出してしまいます。

 

機能の詳細解説ページ

 

カリカリマシーン

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

カリカリマシーンは10グラム単位でえさを測って最大100グラムまで4回餌を与えられる自動給餌器。

 

餌を約1.5キロから1.8kg入れることができ電源でも乾電池でも動作します。
価格は9000円程度

 

メリット

いたずら対策してあるところ。押したり叩いたりしたから掻き出そうとしても餌が出てこないようにいたずら対策されています。

 

また電源でも稼動するので電池代がかからないというメリットもあります。

 

デメリット

10gタイでしか測れない。ダイエット中など細かい単位で測れないというデメリットがあります。

 

機能の詳細解説ページ

 

カリカリマシーンSP

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

カリカリマシーンSPはカリカリマシーンにカメラがついたタイプ。
10gから100gで10g単位で与えられる、回数は4回まで、電源と電池どちらでも稼動、いたずら対策されているという所が一緒ですが、それにカメラがついていてスマホでいつでも確認できるという機能が付いています。

 

17000円程度

 

メリット

いつでもカメラで確認できる。長い間留守にするときなどカメラ機能があると安心です。

 

デメリット

値段が高い。単純に自動給餌する機能だけでいいという場合は1万円台で買えるカメラなしの自動給餌器で十分でしょう。

機能の詳細解説ページ

 

私が選んだポイント

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

ここまでで色々な自動給餌器を比較してみました。

 

蓋が回るタイプは正確にグラムが測れるメリットがあり、デメリットとしては6食程度しか入らないこと。

 

下から出るタイプは自分の重みで出てくる自動給餌器でかなり激安な価格で購入できるのですが、際限なく餌が出てしまうなどのデメリットもありました。

 

フードを計って出すタイプはカメラがついているものや、自動給餌の機能だけのものいたずら対策されているものなどいくつかの種類があるのが分かりました。

 

種類メリットデメリット
蓋が回転するタイプ エサが正確に計れる
ウェット(生)タイプも使える
タンク式に比べ安い
5-6回分しか入らない
こじ開けられることがある
洗浄が面倒
下から出るタイプ たくさん入る(長期間でも可)
音声や録画など多機能も
いたずら対策されているものも
エサが5g-10g単位でしか計れない
9000円~と価格が高め
倒すペットもいる

 

 

体重コントロールが必要な猫

ここで自分の猫に一番最適なものはどれか考えてみました。
私の猫は8歳で1歳の時に不妊手術をしています。

 

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

そのせいで食欲が旺盛で際限なく食べたがってしまいます。
それで好きなだけ与えていたら太って尿路結石になってしまいました。
その後、減量を指示されてダイエットしています。

 

私は朝は手で上げられるのですが、夕方どうしてもあげられないことが増えてきて夜だけ自動給餌器を使おうと思っています。
また夜まで仕事があって1日近く留守にしてしまうことがあるので、途中で猫の様子を確認したいという気持ちもあります。

 

そこで

  • 餌を取り出すなどいたずら対策されているもの
  • 外出先から猫の様子を見るカメラ付きの物
  • 密閉性が高くて清潔なもの

の3つの項目が満たせるものにしました。

 

下からエサを掻き出されてしまうと、太って尿結石が出来やすくなってしまいますので、いたずら対策されていることが必要です。

 

そして外からカメラで様子を確認したいと思いました。

 

そしてフードタンクやエサ皿が簡単に取り外せて洗えて、夏などでも食中毒の心配がなく密閉性があってエサが駄目にならないことも必要です。

 

このポイントを満たせる自動給餌器はカリカリマシーンSPでした。

 

カリカリマシーンSP

 

カリカリマシーンSPはロック式の蓋になっているので猫が開けることはできず倒してもパカッと開きません。

 

そして下からは手が入れられないようにストッパーがついていて勝手に食べて太らないようになっています。

 

そしてカメラが付いているのでどこからでもスマホを通してネコの様子を確認でき、スピーカーとマイク付きなので猫の鳴き声を聞いたり、逆に自分から声をかけることもできます。

 

そしてフードタンクやエサ皿は簡単に洗えるようになっていて、自動給餌器の中にエサが漏れることがなく清潔に保つことができるようになっています。

 

しかし考えてしまったのは値段。カメラがついていないものは9000円ぐらいで購入出来るのですが、カリカリマシーンSPは17000円もします。

 

ちょっと高いのではないかと思いました。

 

ですが、買ってすぐに倒して餌を出されてしまったり餌を掻き出して全然使い物にならなくなってしまったら困りますし、洗えなくてカビなどが生えて使えなくなっても困ります。

 

また電源で動くので電池代のことを考えると長期的には安くなりそう・・そして1年保証がついていて安心というところも決め手となりました。


 

カリカリマシーンSPを購入

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

公式ページからカリカリマシーンSPを購入しました。
注文すると在庫が確保されて翌日発送されました。

 

発送元は兵庫県で自宅は福岡だったので注文した翌々日にすぐ届きました。

 

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?
ダンボール箱ではなく本箱のまま発送されたのでちょっと驚きましたが、なかを開封してみました。

 

取扱説明書があり取扱説明書に従ってアプリをインストールしてユーザー登録をして設定を済ませました。

 

そして実際に餌を入れて自動給餌設定をして餌がしっかり出るか確認しました。

 

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?
うちの猫がちゃんと食いついてくれるのか、恐る恐る自動給餌器であげてみましたが、最初餌が出てくるの音にびっくりして何秒か迷っていましたが、その後近づいてきて食いついてくれました。

 

猫が実際に食べているところをスマホで撮った動画や、カリカリマシーンSPのカメラで録画した画像などはyoutubeにアップロードし、こちらのページでまとめて紹介しています。

 

カリカリマシーンSPのレビュー!猫に餌をやってみました

 

使ってみて良かったと思ったところ

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

もう夜待たせなくていい

もう待たせないで餌があげられるようになりました。

 

夜9時ぐらいになっても前みたいにそわそわせず6時にご飯が出てくるので安心です。

 

その時仕事が忙しいと見ることが出来ないのですが、手が空いてる時はスマホ取り出してちょこちょこと確認しています。
食べているところを見届けられるのは本当に安心です。

 

1人の時はついつい話しかけちゃいます。

 

便利で簡単

あまりメカには強くないので設定できるのか使いこなせるのか心配でしたが、スムーズに設定できて使い方もとても簡単です。
アプリが分かりやすくて私でも簡単に使えました。

 

いたずらされない

正直、猫を一人で自動給餌器と同じ部屋で1日中留守番させると、倒したりながら餌を出したりしないか心配だったのですが、カメラで確認する限りイタズラはしていないようですし、エサの勝手に取り出されたりはしていないようです。

 

 

使って感じたデメリット

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

 

10グラム単位でしかエサが出ない

10グラム単位でしか餌が設定できないというのは結構大きなデメリットだと思います。
うちの子は朝18g、夜18gではかりではかって与えていたのですが、18gなどという測り方は出来ません。
それでどうしようかと思案してしまいましたが、良いこと思いつきました。

 

朝は自分であげられるので16gと2g減らして夕方18時になったら2g増やして20gあげる用に設定することにしました。
そうするとトータルの餌の量は変わらずきっちり測ってダイエットさせることができます。

 

餌皿が食べにくそう

うちの子は小さいのか餌皿が大きすぎて、エサが出口に溜まってしまった餌を食べる時に首を伸ばして食べに行くそうにしています。

 

それでそのもともと付いていた皿は取り外して、今まで使っていた陶器のお皿を設置しました。

 

カメラの位置が高い

小型犬と共用なので仕方ないのかもしれませんが、うちの子の身長では低すぎるせいか食べている時におしりしか写っていません。ですのでもうちょっと下の方が映るようにカメラの位置を調節できるようにできればと思いました。

 

こんな方には最適です

いろいろな自動給餌器を比較!うちの猫に合う自動餌やり機は?

  • 夜遅くなってご飯の時間が遅れてしまう
  • 留守にすることがあって留守中の様子が心配
  • 朝ニャーニャーと鳴かれて睡眠不足になってしまう
  • いたずらで勝手に餌を食べてしまう

 

カリカリマシーンSPは17000円と他の自動給餌器に比べると安くはありません。

 

ですが、時間通りに正確に餌を与えることができ様子をいつでも確認できます。
そしていたずら対策を万全にされていて清潔に保てるようになっています。

 

中途半端に安いの買っても、すぐ壊れてしまったり、いたずらされて自動給餌器としての機能を果たしてくれなかったりという心配がありますが、カリカリマシーンSPは1年間保証が付いていて、いたずら対策もされていて安心です。

 

私のように仕事の都合などで猫の餌やりに困っている方に、とても便利で安心な自動給餌器だと思います。

 

またスマホ&カメラ機能がないバージョンのカリカリマシーンは9000円程度で購入することができます。

 

カリカリマシーンSPのレビュー!猫に餌をやってみました

 

カリカリマシーンSPの詳細な機能を解説

 

 

 

 

カリカリマシーンSP(カメラ付き)の公式サイト

 

 

カリカリマシーン(カメラなし)の公式サイト